クロレラの効果は様々|健康への第一歩になる

メンズ

様々な健康効果に期待

夫婦

苦みや渋みの元となる成分

サポニンは植物の葉や茎、根の部分に含まれている苦みや渋みの元となる成分です。サポニンは非常に多くの植物と食品に含まれています。身近な植物には、高麗人参、お茶の葉、ナツメなどがあります。また身近な食品には大豆、小豆、トマト、納豆などが挙げられます。サポニンには多くの種類があり、植物ごとに種類が違います。高麗人参に含まれるものを高麗人参サポニン、大豆に含まれるものを大豆サポニンなどと呼び、含まれる食品によって名前が付けられています。これらのサポニンは種類ごとの性質や特徴を生かし、健康食品に含められたり、シャンプーや洗剤などの界面活性剤として使用されています。現在では、食品として摂取した場合に様々な効果が期待されており、注目の高い栄養素となっています。

肥満予防や免疫力向上にも

サポニンには肥満を予防する効果や、免疫機能向上、血流改善、コレステロール値を下げるなど、様々な効果が期待されています。肥満予防とコレステロール値を下げる働きをするのが大豆に含まれるサポニンで、脂肪を吸収し蓄積を抑える働きがあり、肥満を予防する効果があります。また動脈硬化などの重い病気を引き起こす悪玉コレステロールを低下させる効果があり、高脂血症や高血圧症の改善と予防に役立ちます。また高麗人参サポニンには血流を改善し、血栓ができにくい環境を作る働きがあり、心筋梗塞や脳梗塞などの原因となる動脈硬化を防ぐ効果があります。この他にもサポニンには、ナチュラルキラー細胞を活性化し免疫力を高める効果や、肝機能を高める効果など様々な機能向上に効果があります。